持続可能性に関する当社の理念と戦略

今日、持続可能性は私たち一人ひとりが最も真剣に取り組むべき課題となっています。allnexでは、ここ数年にわたり、環境にやさしい技術の発展を目指す戦略を強化してきました。確固たる起源と長い歴史の下、市場に持続性のある樹脂ソリューションを提供しています。これは当社が第一に掲げる戦略的優先事項でもあります。国連の「持続可能な開発目標」の内意を受けた当社の戦略、循環経済の原則、そして、ダブルマテリアリティの分析が、重要な5つの柱に反映されています。これらの5つの柱は、当社のチームがより持続性のあるソリューションをお客様に提供し、この社会が直面する課題に対処できるよう方向性を示し、支援するものでもあります。

   

ESG – 国連の「持続可能な開発目標」への積極的な取り組み


環境、社会、ガバナンス(ESG)の取り組みを積極的に実践することで、世界の目標を当社の目標とします。全社的にこの取り組みを実践する一方で、特にallnexが貢献するうえで適しているSDGが3つあります。
ESG – 国連の「持続可能な開発目標」への積極的な取り組み

EcoVadisによるプラチナ評価

 
EcoVadisは国際的に認知されたサステナビリティ評価機関であり、2019年から当社のサステナビリティへの取り組みを評価し、進捗状況を追跡しています。社内におけるあらゆるレベルの貢献によって、当社は着実に評価を上げてきました。当初のシルバー評価から2021年にはゴールド評価、そして現在では2022年と2023年にプラチナ評価を獲得しています。この評価は、allnexの卓越した環境保護ポリシー、取り組み、成果によって傑出した企業の上位1%に位置することを意味します。
EcoVadisによるプラチナ評価

私たちが目指す未来 – 中期および長期的な目標

年*までに、CO2を30%削減、2050年までに正味のカーボンニュートラル(スコープ1・2排出量およびスコープ3.1排出量の絶対値において)を実現します
年*までに、エネルギー効率を10%改善します
年までに、ISO 50001認証製品の全体的な割合を100%に高めます
年までに、allnexの製造部門における全体的な女性の割合を16%に引き上げます
年までに、allnexの管理者ロールにおける全体的な女性の割合を35%に引き上げます

 
私たちが目指す未来 – 中期および長期的な目標

新しい明日のための5つの目標 – サステナビリティプログラムの5つの柱


allnexの意欲的なサステナビリティプログラムの根底をなすこれらの柱は、製品開発、原料調達、製造から、サプライチェーンの管理、お客様サービスに至るまであらゆる側面を含んでいます。この柱は、私たちのすべての考え方の根幹にある「循環性」を体現するもので、当社が事業活動をどのように計画し、実行するかの両方を定義しています。
当社のESGレポートをご覧ください ESGレポート2023をダウンロード
新しい明日のための5つの目標 – サステナビリティプログラムの5つの柱

市場とともに地球にやさしい未来を創る – 持続性のあるポートフォリオ管理


2019年、当社ではより構造的かつ堅固なサステナブル・ポートフォリオ・マネジメント(SPM)プロセスを作成しました。
私たちはSPMを通じ、事実に基づいた方法を使用して、持続可能な利点と課題を分析することにより、当社の製品を分類することを目標に掲げています。

ECOWISE™ CHOICE

最大の「be ECOWISE™」は持続可能性のさまざまな分野で活動する当社の使命を反映しています。同時に、新しい製品とサービスを開発し、社内の運営を改善するという2つの目標を併せもっています。この原則は、お客様と共に、より環境にやさしく、持続可能な未来を築くという当社の取り組みとコミットメントを強調しています。より持続可能な未来を創るために力を併せ、一緒に「be ECOWISE™」を実践していきましょう。ECOWISE™製品ポートフォリオは、当社の製品オファー、変化する基準、新興市場のニーズなど、発展する環境に適応する、「生きた」選択肢です。


 工業用木材用途
 建築・装飾用途
 包装・インク用途
ECOWISE™ CHOICEのページをご覧ください こちらをクリック
市場とともに地球にやさしい未来を創る – 持続性のあるポートフォリオ管理

革新的な製品のご紹介

  

革新的で持続可能 – CRYLCOAT® 超低温硬化用ハイブリッドワンショットマットシステム


テクノロジー:ポリエステルエポキシハイブリッド粉体塗装

製品:CRYLCOAT® E 04815ポリエステル、BECKOPOX™ E 04943エポキシ

用途:台所用キャビネットおよび家具を製造するために使用されるMDFおよび天然木基板。
この特別に配合されたポリエステルとエポキシ樹脂の組み合わせは、時間とコストを節約するワンショット法でマットハイブリッド粉体塗装を制作するために使用でき、130°Cで10分という超低温硬化計画用に設計されています。

このような低温での硬化で満足のいく外観を達成することは、粉体塗装業界において大きな課題となっていました。他に類を見ないこの技術革新が、抜群のフローと滑らかさを実現することで、この課題を解決します。

これは、台所用キャビネットや家具の熱に弱い木材または木材に似た基板で、粉体塗装が利用可能であることを意味します。その結果として得られるマットなコーティングは、優れた着色力と耐薬品性を備え、これらの用途に最適な素材となります。
 
革新的で持続可能 – CRYLCOAT® 超低温硬化用ハイブリッドワンショットマットシステム

再利用に最適 – EBECRYL® 577脱インキUVプライマーレジン


テクノロジー:アクリル酸ポリエステル

製品:EBECRYL® 577

用途:柔軟性に優れた包装。

プラスチックの循環性を高めるために、allnexでは、プラスチック基板用にUVインキ受容層脱インキプライマーレジンを開発しました。この革新的な製品により、印刷済みのプラスチックへのインキの付着を高め、後にインキによる汚染を引き起こすことなく、効果的に除去できるようになります。

UVインクは包装に使用される標準的なラベル、ビン、柔軟なプラスチックフィルムなどに適用可能で、ポリプロピレン(PP)やBOPPなどの基板に付着できるほか、ポリエチレン(PE)やPETにも利用できます。また、これらは食品や飲料の包装で普及が広まっているシュリンクラベルへの印字にも利用できます。

これらの表面と基板のいずれも、幅広いカラーとデザインでの装飾が可能です。しかし、後のリサイクルの段階でラベル、あるいはボトルやフィルムに直接印刷されたインキにはプラスチックのリサイクルストリームを汚染したり、再生されたリサイクル素材を変色させたりするなど問題があります。
再利用に最適 – EBECRYL® 577脱インキUVプライマーレジン

二酸化炭素の排出を減らし、より耐久性のある着色剤 - SETAQUA® 8800–8850プライマー/シーラーとSETAQUA® 6753トップコート


テクノロジー:WB 1kセルフ架橋剤

製品:SETAQUA® 8800–8850、SETAQUA® 6753

用途:家具および装飾

SETAQUA® 8800–8850は当社の広範な製品群に最近加わった製品で、装飾品と家具のコーティングを対象としています。

これらの新しい開発品により、水性アクリル乳剤をより持続可能なものとするための解決策を得ることができました。素材にはIKEAの基準に準拠する「環境によりやさしい」物質を最大80%含むリサイクルされたモノマーおよび/またはバイオモノマーを使用しています。

さらに、SETAQUA® 8800は完全に無臭であるため、小児用の玩具などの用途にもご利用いただけます。
この製品は主要な産業基準に従って評価され、フィルムと缶内の透明度、ハンドクリームへの耐性、オープンタイム、硬化速度などで高い性能を示しました。

ここ数十年、家具や他の木製品の表面に光沢のない加工が好まれるようになりました。しかし、このような加工は、一般家庭でごく普通に見られるコーヒー、ワイン、洗剤、ケチャップ、その他の液体への耐性が低いことがよくありました。

広く使用されるIKEA R2基準では、マットな着色コーティングの作成時、特に問題が多く生じました。その理由はこれらのコーティングには通常、接合剤の含有量が少なく、ミクロのレベルで均一でないフィルムのフォーミングが生じたためです。

数年にわたる研究と革新を重ねた結果、このトピックに関し物理的、化学的相互作用に固有の知見を見出すことができました。その結果、SETAQUA® 6753の開発実現につながりました。

当社のお客様からは化学的耐性に最もすぐれた製品との評価をいただきました。その理由は、イソシアネート硬化剤を使用したシステムの代替品、または溶剤系システムに似た性能を持つ素材となる潜在性、新たな市場の基準となる可能性です。
二酸化炭素の排出を減らし、より耐久性のある着色剤 - SETAQUA® 8800–8850プライマー/シーラーとSETAQUA® 6753トップコート

倫理とコンプライアンス - 正しい行動のための変わらぬ献身


allnexの事業の心髄にあるのは、事業のあらゆる側面において、最も高い基準で倫理的な行動とコンプライアンスを維持するという揺るぎない信念です。

これらの価値感は当社の企業文化を明確にするだけでなく、当社の長期的な成功と継続を実現するうえで、重要な役割を担っています。

誠実性、責任、公正、透明性と共に行動するという誓いは、当社のパートナーシップ、製品、サービスのあらゆる面に及びます。私たちは、当社の企業コンプライアンスプログラム(右の例を参照)および行動規範に準拠することで、責任あるコーポレートガバナンスに揺るぎない信念を持ち、取り組み続けます。これは、会社の持続可能性と健全な成長において根底となるものと、固く信じています。

未だかつてないビジネス環境において、倫理、コンプライアンスは企業の成功に極めて重大なものとなりました。allnexは、会社の運営においてこれらの原則を常に前面に置くことにより、この業界における卓越性の基準を打ち立て、より倫理的で責任あるビジネス環境への道を切り拓いていきます。

私たちの証明書:

› ISCCプラス証明書 (Bergen Op-Zoom)
› ISCCプラス証明書 (Bien Hoa)
› ISCCプラス証明書 (Drogenbos)
› ISCCプラス証明書 (Lillestrom)
› ISCCプラス証明書 (Romano)
› ISCCプラス証明書 (Schoonaarde)
› ISCCプラス証明書 (Werndorf)

コンプライアンス基準と方針:

›  行動規範
›  サプライヤー行動規範
›  贈賄防止、腐敗防止方針および輸出管理
›  労働および人権方針
›  情報分類方針
›  LRQA 2022 年独立保证声明
›  LRQA 独立保证声明 2023
›  ハラスメント防止方針
›  グローバル内部告発者保護機構
倫理とコンプライアンス - 正しい行動のための変わらぬ献身