The coating resins company 拠点検索

フェノール架橋剤

当社のフェノール樹脂は、フェノール系缶容器用のコーティングやゴム製品に幅広く使用されています。

PHENODUR® の製品群には、エポキシ樹脂の代わりにポリエステル樹脂を使用することにより、BPA および BADGE フリーのフェノール系塗料が可能な、フェノール樹脂があります。また、金属容器用にフェノール樹脂を使用することは、塗膜の柔軟性、耐久性、耐薬品性、強靭性のバランスを最適化するのに役立ちます。
 

PHENODUR® サンプルのご依頼

 
当社の ALNOVOL® ノボラック樹脂は、ゴム製品の補強と接着性を付与するために使用されています。
 

ALNOVOL® サンプルのご依頼

どよのうな用途にフェノール樹脂を使用されますか? 用途の典型的な分野:

フェノール樹脂およびフェノールホルムアルデヒド樹脂は、耐久性、滑らかさ、そして汚れのないコーティングを必要とするさまざまな工業用製品に使用されています。また、フェノール樹脂は、ビリヤードのボールや回路の基板などの成形品、あるいは自動車や缶用のフェノール系塗料に最適です。その他、断熱用のフェノールフォームや、タイヤを含むゴム製品など、様々な用途があります。フェノール樹脂の使用例をご覧ください。

フェノール系塗料用フェノールホルムアルデヒド樹脂

 

フェノール系塗料は、腐食、引っかき傷、亀裂からの保護を高いレベルで両立させます。フェノール系焼き付け塗料は、広範囲のpH環境下で使用できます。耐酸性に優れているため、50℃(122℉)までの強酸性下の環境にも適しています。このためフェノール系塗料は、排気フード、ポンプ、パイプ、タンクのライニングなど幅広い工業用途に最適なコーティングとして選ばれています。

PHENODUR®製品群は、耐久性、耐薬品性、柔軟性、強靭性の完全なバランスが必要な飲料缶用などの金属缶容器用のフェノール系塗料にも使用できます。当社の PHENODUR® 製品は、数あるフェノール系架橋剤と使用することにより、様々な条件に対して、フェノール系塗料の塗装プロセスの簡略化とコス低減を行います。フェノール系塗料用のPHENODUR® 製品群をご覧ください。

タイヤなどのゴム製品用フェノール樹脂

フェノールホルムアルデヒド樹脂は、欠点のないレゾルシノールの代替品です。紅斑および皮膚刺激を引き起こす可能性のあるレゾルシノールは水溶性があるので、環境や人間の器官にとって有害です。フェノール樹脂は、ゴム製品の架橋剤として、より安全な代替品です。当社のALNOVOL® ノボラック樹脂は、タイヤなどのゴム製品用のレゾルシノールの優れた代替品です。フェノール樹脂は、ゴム構造の強化と接着性の向上に役立ちます。さらに、天然ゴム、ニトリルゴム、スチレンブタジエンゴム、EDPMゴムなど、様々なゴムに使用できます。ゴム用の ALNOVOL® 製品群をご覧ください。

当社のフェノール樹脂をお客様の製品に!

お客様のニーズが多様であるように、フェノールホルムアルデヒド樹脂の用途も多様です。使用分野、当社の製品群、あるいはフェノール樹脂と架橋剤の特長に関する詳しい情報が必要でしょうか。 それならば是非、当社allnex の専門家にお問い合わせください。

当社のエキスパートと話をして、より迅速で競争力のあるものにする

allnexのフェノール架橋剤の技術

   
当社はお客様の用途ニーズに適した技術を提供します。
  • レゾール
  • ノボラック
  • 環化ゴム樹脂

あなたの用途にあった製品を探す

allnexのフェノール樹脂とフェノール製品におけるイノベーションの焦点

   
数十年にわたって革新的なフェノール製品を市場に提供してきたという経歴と相まって、当社のグローバルな研究開発および技術サービスチームは、お客様および市場のニーズを満たす新しい製品の開発を続けています。革新的で、経験豊富なフェノール樹脂サプライヤーとしての最新のイノベーションをいくつかご紹介します。
  • 塗料の機能性向上
  • BPA未使用のフェノール樹脂など、懸念される化学物質への対応と、缶容器の塗装システム全体のコスト低減の両立
  • ゴム製品のレゾルシノールの代替品
 allnex は、知名度の高い、欧州フェノール樹脂協会(EPRA)のメンバーです。

どの用途をお考えですか?

当社のMarketのページにて何が可能かをぜひご覧ください

Marketページを見る

allnexのフェノール架橋剤

当社のブランド

ブランド 用途
ALNOVOL® タイヤおよびゴム用に特別に開発されたノボラック型フェノール樹脂。
ALPEX® 環化ゴム樹脂、アルキド樹脂、可塑剤。
PHENODUR® 包装材料用塗料用フェノール樹脂

フェノール樹脂は危険でしょうか?

純粋なフェノール樹脂とその蒸気は、ホルムアルデヒドを含有しているため、皮膚や目をひどく刺激する可能性があり、吸入したり接触したりすると非常に危険です。したがって原料であるフェノール樹脂は、適切な保護具を使用して取り扱う必要があります。ただし、最終製品中のフェノール樹脂は安全であり、特に問題なく使用できます。フェノール樹脂の健康被害について詳細な情報が必要でしょうか? 当社の専門家にお問い合わせください。

エポキシ樹脂とフェノール樹脂の違いは何ですか?

エポキシ樹脂とフェノール樹脂は非常に似ています。ただし、フェノールホルムアルデヒド樹脂は取り扱いが容易で、高いカスタマイズを提供できます。エポキシ樹脂製品群とフェノール樹脂製品群の最も顕著な違いは、高温での取り扱いの許容範囲で、フェノール系塗料は、より高温に常時晒されても耐性があります。

フェノールホルムアルデヒド樹脂の特性は何ですか?

フェノールホルムアルデヒド樹脂は、優れた電気的、機械的絶縁性が特徴で、耐久性があり、優れた難燃性と耐熱性を備えています。さらに、燃焼時に煙があまり発生しません。したがって、フェノール樹脂は、発泡断熱材、コーティング、接着剤への使用に有効です。

フェノールフォームは可燃性ですか?

はい、フェノールフォームは可燃性で引火性です。ただし、適切な添加剤を加えることで、難燃性が向上します。さらに、高濃度に密閉された気泡とフェノールフォームの微細な気泡の構造は、優れた熱特性を付与し、一定の高温に耐えることができるため、フェノールフォームの可燃性は低くなります。