The coating resins company 拠点検索

多官能基メタクリル樹脂

配合ツールボックスで設計オプションを拡大

特殊メタクリレートモノマーおよびオリゴマーは、最終製品の官能性と性能を向上させるために使用されます。ハードでもソフトでも、疎水性でも親水性でも、または極度の環境に対する耐性においても、特殊メタクリレートは、官能性、粘度の低減、および柔軟性を提供し、具体的な用途と性能の課題を解決します。
構造用接着剤、3Dプリント、家電、複合プラスチックやエンジニアリングプラスチックなどの需要の高まりに対応するために、allnexは性能と持続可能性の特性に重点を置いた開発と技術革新に取り組んでいます。

今すぐエキスパートに相談して、スピードアップし競争力を高めましょう

メタクリレートのハイライト製品:

EBECRYL® TMPTMA: トリメチロールプロパントリメタクリレート(CAS No.:3290-92-4)は、低粘度で疎水性であり、高い反応性と硬度を示す三官能基モノマーです。TMPTMAは屋外での耐候性にも優れています。
  • 高硬度
  • 低粘度で疎水性
  • 優れた屋外耐候性

無料サンプルを請求する EBECRYL® TMPTMA

 

EBECRYL® PEG200DMA: ポリエチレングリコール200ジメタクリレート(CAS No.:25852-47-5)は、脂肪族、親水性、柔軟性がある二官能基モノマーです。低粘度のPEGDMAは、機械的特性と耐化学薬品性を改善するためのコモノマーとして機能します。
  • 脂肪族
  • 親水性
  • 柔軟性性が高い

無料サンプルを請求する EBECRYL® PEG200DMA

Want to know more about our Multi-Functional Methacrylates?

さまざまな特性 - 多数の用途:

多機能のメタクリレート主鎖の化学特性により、さまざまな用途分野の性能を改善するさまざまな化学的・物理的特性を実現します。柔軟性で低粘度のEBECRYL® PEG200DMAは、嫌気性接着剤や液体硬化ガスケットに最適な素材です。高架橋密度EBECRYL® TMPTMAは、PVCプラスチゾルの硬化剤として、またはゴム加硫またはMMA系の人工大理石の架橋剤として適しています。
また、EBECRYL® TMPTMA(またはトリメチロールプロパントリメタクリレート)およびEBECRYL® PEG200DMA(またはトリエチルエングリコールジメタクリレート)は、過酸化物硬化剤などの急進硬化システムの希釈モノマーとして推奨されています。TMPTMAとPEGDMAは、一般的にアクリル系類似体が使用されるUV/EB硬化のほか、過酸化物系架橋に優れています。
 

MFMAを使用するシンプルな理由
 

過酸化物硬化などの急進硬化では、メタクリレートが望ましいテクノロジーです。一般に、メタクリレートは耐熱性があり、硬度があり、毒性が低く、耐摩耗性に優れています。多官能基メタクリレートは、粘度が低く安定した分子で、Tgを非常に高くまたは低くすることができます(主鎖設計によって異なります)。
dent).